えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

政ちゃんと赤いりんご
まさちゃんとあかいりんご
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「定本小川未明童話全集 10」 講談社
1977(昭和52)年8月10日
入力者特定非営利活動法人はるかぜ
校正者仙酔ゑびす
公開 / 更新2012-01-29 / 2014-09-16
長さの目安約 9 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

 田舎のおばあさんから、送ってきたりんごがもう二つになってしまいました。
「政ちゃんなんか、一日に三つも、四つも食べるんだもの。」
「僕なんか、そんなに食べやしない。勇ちゃんこそ三つも四つもたべたんだい。」
 二人は、いい争いました。そして、残った二つのりんごを、どちらが大きいか、めいめいでにらんでいました。
 一つは、いくぶんか大きいが、色が青かったのです。一つは、小さいが、赤くて美しく見えました。
「僕、この大きなほうを取ろうや。」と、弟の政ちゃんが、すばしこく手を出して、大きなりんごを握ろうとしました。
「それは、おれのだい。」
 兄の勇ちゃんは、政ちゃんの小さな手でつかんだ、りんごを奪ってしまいました。
 さあ、たいへんです、二人は、そこでつかみ合いがはじまりました。畢竟、年の少ない政ちゃんは、かないませんでした。
「お母さん、僕のりんごを兄さんが奪ってしまったんですよ。」
 泣きながら、政ちゃんは、お母さんのところへ訴えてゆきました。
「うそですよ、お母さん。僕は、大きいから、大きいのを取ったのです。政ちゃんは、小さいから、小さいのを取るのがあたりまえなんですね。」と、勇ちゃんは、つづいて、お母さんのところへやってきました。
「そんなことは、きまっていません。政ちゃんの持っているものを、なんで無理に奪ったりするんですか。」
 お母さんは、こういう場合には、小さいものより、兄さんをしかるのがつねでした。
 勇ちゃんは、手に、青い大きなりんごをしっかりと握っていました。そして、お母さんの裁判を、不平そうな顔つきをして、うつむいて聞いていました。
「田舎のおばあさんは、僕に、送ってくださったんでしょう。」と、政ちゃんが、いいました。
「いいえ、みんなに送ってくださったのです。」
「それみろ、政ちゃんは、自分ひとりのものだと思っているからいけないんだ。」
「あんな小さいの、やだい。」
 政ちゃんは、からだをゆすって、だだをこねました。
「もう一つのを、持っておいで。」と、お母さんは、おっしゃいました。
「僕、あんな小さいのは、やだい。」と、政ちゃんは、いいながら、紅いりんごを持ってきました。
「まあ、きれいなりんごだこと、ちょっとお見せなさい。」
 お母さんは、目をみはって、りんごをごらんになりました。
「こんな、きれいなりんごが、どうしていけないの。あんな青いりんごより、よっぽどいいじゃないの。」
「小さいじゃないか。」
 政ちゃんも、さっき、小さいが美しいから、どちらを取ろうかと考えていたくらいですから、お母さんにそういわれると、なるほど、青いりんごより、小さくても、このほうがいいように思われてきました。
「これを上手に写生してごらんなさい。」
 政ちゃんは、学校で、先生が、こんどなんでも持ってきて、図画の時間に写生してもいいと、おっしゃったことを思い…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko