えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

世の中のこと
よのなかのこと
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「定本小川未明童話全集 10」 講談社
1977(昭和52)年8月10日
入力者特定非営利活動法人はるかぜ
校正者仙酔ゑびす
公開 / 更新2012-10-01 / 2014-09-16
長さの目安約 4 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

 たいそう外科的手術を怖ろしがっている、若い婦人がありました。
 もし、すこしぐらいの痛さを我慢をして、手術を受けるなら、十分健康を取り返すことができるのを、どうしても、その婦人は、手術を受けることを欲しなかったのです。
 季候の変わりめになると、婦人は、青い顔色をしていました。
「あなたほどの若さで、そんな青い顔色をなさっていてはいけません。早く手術をお受けになって、さっぱり病気を治しておしまいなさいまし。」と、知っている人は、いいました。
「なんとおっしゃっても、私は、手術を受けるのが怖ろしいのでございます。」と、婦人は、光るメスを、はさみを考えると、身ぶるいをしました。
「奥さん、T町に有名な先生があります。この方の手術なら、まったく安心して受けられます。けっして二度とやり直しをするようなことはありませんから、ぜひここへいって見ておもらいになったらいかがですか。」と、心から、婦人のことを思って、いってくれたのでした。さすがに、気の弱い婦人であったが、いくらか心が動きはじめました。
「T町のなんというお医者さまでございますか?」と、教えてくれた人に、ききました。
「M病院といえば、その界隈で知らぬものがないほど、有名なものです。」と、その人は、答えました。
「まあ、そんなにいいお医者さまが、あったのでございますか?」
 婦人は、なぜ早くそれを知らなかったろう。そうすれば、こんなに長い間、この病に苦しまなくってもよかったのにと、急に、見もしない、その医者を心の中で尊敬しました。その後、彼女は、いろいろの人に、T町にあるM病院の話をして、はたして、それはほんとうのことかと、たしかめようとしました。まれにはまったくその名を知らぬものもあったけれど、また中には、よくその病院の名を知っていて、「その病気にかけては、二人とない名人だという話です。」と、いうものもあったので、彼女は、いよいよ進んで、その病院へゆく気になったのであります。
 彼女が、手術を受けることを覚悟したと知ったときに、彼女の身を案じた周囲の人たちは、それは、よく決心したといって、喜んだのでした。
 そこから、T町までは、遠かったのであります。乗り物によっても、一日は費やされたのです。気じょうぶな叔母さんをつきそいに頼んで、彼女はT町にゆき、そして、病院の門をくぐったのでした。
 患者の控え室は、たくさんの人で、いっぱいでした。左右にすわっている人々のようすをきくと、いずれも彼女と同じ病気であるらしいので、いまさら、その名医ということが感ぜられたのでありました。
 そのうちに、看護婦が入って、彼女のかたわらにきました。
「あなたですか、院長さんに見てもらいたいと、おっしゃられたのは?」と、看護婦はたずねました。
「さようでございます。」と、彼女は、答えました。
「お気の毒ですが、院長さんは、ただいま…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko