えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

飛行機に乗る怪しい紳士
ひこうきにのるあやしいしんし
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「日本怪談大全 第二巻 幽霊の館」 国書刊行会
1995(平成7)年8月2日
入力者川山隆
校正者門田裕志
公開 / 更新2012-06-21 / 2014-09-16
長さの目安約 3 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

 A操縦士とT機関士はその日も旅客機を操って朝鮮海峡の空を飛んでいた。その日は切れぎれの雲が低く飛んで、二〇メートルと云う烈しい北東の風が、水上機の両翼をもぎとるように吹いていた。下には荒れ狂う白浪が野獣が牙をむいたようになっていた。
 機体は木の葉のように揺れた。それは慣れているコースではあるが、二人にとってこれほど苦しい飛行はかつてなかった。A操縦士はハンドルに、T機関士はエンジンにそれぞれ全神経を集めていた。
 突風に乗ったと見えて機体がぐらぐらとなった。T機関士ははっとして眼をあげた。機体は真黒い雲の中に入っていた。
(あぶない)
 同時に体が浮くようになった。機体は猛烈な勢で落ちていた。
「あ」
 T機関士は思わず叫んだ。しかし、それも瞬間、飛行機はそのまままたぐんぐんとあがって往った。
(よかった)
 T機関士はほっとした。そして、額の脂汗を拭きながら、見るともなしに後の客席に眼をやった。左側の二番の客席に、痩せぎすな一人の紳士が腰をかけていた。発動機の整備と云う重大な任務をもっているT機関士は、出発の時には何人よりもさきに機上の人となるので、したがって何んな客が幾人乗るか、そんな事にはすこしも注意しなかった。
(お客さんは一人か)
 その時A操縦士がちらと後をふりかえった。風はますます烈しくなって、そのうえ雨さえ加わって来たので機体は無茶苦茶に揺れた。T機関士は鉛筆を執ってメモに何か書いていたが、やがてそれを前にいるA操縦士に渡した。それには、
「客は一人か」
 と書いてあった。するとA操縦士は前方を向いたまま軽く頭を揮った。T機関士はまたメモに鉛筆を走らした。
「では、二人か」
 A操縦士の頭がまた左右に動いた。
(客席には一人しか見えないが、おかしいなあ)
 T機関士は不思議に思って後を見た。客は依然として身うごきもしないで窓外を眺めている。
(やっぱり一人だ)
 T機関士がそう思った時、A操縦士の右手が動いて、前の防風ガラスに指が往った。
「なし」
 A操縦士は明らかに客はなしと書いたのであった。同時にT機関士は背すじに水をかけられたように思った。T機関士はあわてて鉛筆をとると、何かに追われるようにしてメモの上に走らした。
「そんなことはない、左側二番目の椅子に、たしかに一人いる」
 その紙片を受けとってちらと眼をやったA操縦士は、これもはじかれたようにして後を見た。
「あ」
 T機関士の云ったように、たしかに後の客席に痩せぎすな一人の紳士がいるのであった。その日たしかに乗客のないことを知っていたA操縦士はぞっとした。A操縦士は頭がぐらぐらとした。
 しばらくたってからA操縦士はやっと心をおちつけた。そして、T機関士に手真似で、
「往ってみよ」
 と云うようにした。T機関士はうす鬼魅が悪かったが、それでも勇気を出して客室の方へ進んで往った…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko