えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

みじめな夜
みじめなよる
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「牧野信一全集第一巻」 筑摩書房
2002(平成14)年8月20日
初出「十三人 第三巻第四号(四月号)」十三人社、1921(大正10)年4月1日
入力者宮元淳一
校正者門田裕志
公開 / 更新2011-07-17 / 2014-09-16
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


 ふと、思つた――。
 秋田の聯隊にゐる柏は今何をしてゐるだらうか、京都に行つてゐる松村は? 下総の取手に行つてゐる宮広は?
 時計を見たら三時半(夜)だつた。
「グツスリと眠つてゐるだらう。」と思つた。と、眠つてゐるだらう、と思つたことが悪いやうな気がした。
 取手へ行かう行かう、是非行つて見たい、などと上調子のやうな口調で自ら喋つておきながら……(下村が行つてゐるときもさうだつた、下村は取手を引上げて来て、もう幾月になるだらう、その間に彼は病気した、その時も自分は訪れ損つた。手紙を書いたのを破いて電車道まで出掛けて、また室へ引き返した。)……葉書も出さない。兵営の柏にも定めし冷い日(それは自分勝手の想像だが)を送つてゐるだらう柏にも……センチメタルになつた。……初め、他人を対照にして自らを不快に思つてゐるうちに間もなく他人の幻は悉く消えて自らだけが不快になつた。……「――」
 その次に「それほどでもないな。」と思つた。
 火鉢の灰に気味の悪い程、巻煙草の口が上を向いてゐた。……。
 自分は「歌」のことを考へてゐた。



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko