えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

心悸亢進が回復す
しんきこうしんがかいふくす
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「牧野信一全集第六巻」 筑摩書房
2003(平成15)年5月10日
初出「経済往来 第十巻第六号(六月号)」日本評論社、1935(昭和10)年6月1日
入力者宮元淳一
校正者門田裕志
公開 / 更新2011-11-14 / 2014-09-16
長さの目安約 2 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


 今年の一月ごろから僕は持越の神経衰弱が、いよ/\あざやかになつて都会を離れなければならなかつた。永年飲みなれた酒が全く文字通りに一杯も口に入らず、無理矢理に注ぎ込まうと試みると、いさゝかの酔も感ぜぬうちに忽ち吐き出して了ふのだつた。そして間断もなく不気味な心悸亢進に悩まされ続けるのである。それらの症状に就いて云云すれば際限もないはなしであるが、いつも/\不快で憂鬱で厭世的であつた。折から、偶々旧知の鳥山君に遇つた時、彼は僕にこの薬の常用をすゝめた。――。
 現在、未だ僕は快方の域に達せず、転地先で療養生活を送つてゐる次第ではあるが、この薬草を用ひはじめて以来は――何も事更にお世辞を述べる要もなく、ありのまゝの経過をつたへるに過ぎないのだが、朝夕の動悸が余程順調になり次第に食慾も増して来る結果を明らかに認めざるを得ないのである。それ故この頃では規則的にこれを常用してゐる。友人である医学士に僕は診察されてゐるが、今や僕の症状も回復期に向つてゐる由。――それにはこの薬草の服用が可成に役立つてゐることを僕は感ずる。僕は尚当分引続いて服用するつもりである。僕は鳥山君のお蔭でこの特異な薬を最早六ヶ月も前から知つて、秘かにその効果を覚えてゐるわけであるが、此度これが一般的に発売されると聞くからには、僕などの吹聴を待たずとも、多くの実験者に依つて必らず確乎たる実証が挙げられる事を信ずる。



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko