えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

『ユリイカ』挿話
『ユリイカ』そうわ
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「牧野信一全集第六巻」 筑摩書房
2003(平成15)年5月10日
入力者宮元淳一
校正者門田裕志
公開 / 更新2011-11-26 / 2014-09-16
長さの目安約 4 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

 ポウの宇宙論『ユリイカ』のなかにはトレミイ・ヒィフェスチョンといふ学者の名が出て参ります。この名前は『ユリイカ』だけでなく、彼の他の作品でも一再ならず出くはすのですが、色々と文献を調べても、こんな名を持つた学者は見当りませぬ。紀元後二世紀頃にクロオディアス・プトレミィアスといふ数学・天文学・地理学に通じた男がゐたさうで、この男の生涯についてもはつきりしたことは何も伝はつてゐず、僅かにアントニイがエヂプトで現つを抜かしてゐた頃アレクサンドリアを見聞し、アントニイの死後まで生きてゐたことが解つてゐるだけです。ポウの所謂「ニュウビアの地理学者、トレミイ・H氏」とは、このクロオディアス・P氏のことかといふ推定もされますが、或ひはポウの出鱈目かも知れません。
 このトレミイ・Hの言としてポウがある作品で引用してゐるのに「未聞の事柄を探求するために、冒険者達は常闇の海に乗り出す。」といふ言葉がありますが、ポウが『ユリイカ』で試みたのも正にこのことに他ならないと愚考されるのであります。彼が「未聞の事柄」にいかに到達し得たか、そのときにユリイカ(発見は為された)! とどんな風に叫んだかは、私がくどくどと申し上げるより、この書物そのものが最も雄弁に語るでありませう。それに枚数の制限もありますので、ここでは『ユリイカ』出版前後の事情を少しばかりかいつまんで申し上げるに止めたいと存じます。
 一八四七年の一月に愛妻ヴァージニアが亡くなりまして、これ以後ポウの不幸は急湍の如くに彼をおし流し、ポウ自身の言葉を借用しますと「或る不思議な切迫した宿命感」のために遂に自ら死を招くに至つたのであります。この間二年ばかりの間に、数篇の名詩とこの宇宙論とがものされました。いはばこの宇宙はポウが自らの宿命に対する最後の戦ひであります。「俺はもう駄目かも知れぬ、だがこの宇宙の秘密、神の秘密だけは見届けてやるぞ。」彼は内心かう呟いたに相違ない。
 妻が死んだ翌年の二月、ポウは「宇宙の現状」と題して講演を行ひました。彼の所存では少くとも三四百人の聴衆を集めその収入で講演旅行に出かけ、長年の希望であつた自身主宰の雑誌発行資金を稼ぐ肚だつたのであります。しかし紐育の協会図書館講堂に集まつた人は僅か六十人に過ぎませんでした。これらの聴衆は荒涼たる如月の宵に三時間も打ち震へながら、この天才の光耀赫々たる狂想に耳を傾けたのです。ポウは霊感に打たれた如くに見えた――と伝記者は記して居ります、――そして彼の霊感はこの少数の聴衆に苦痛と云はんばかりに強烈に滲み渡つた。彼の双眼は「大鴉」の眼のやうに爛々と輝いたと申します。
 講演の不成功に落胆せずにポウはその草稿を書き直して間もなくプトナム出版社を訪れ、「極めて重要な件について、プトナム氏と会談したい。」と申入れました。以下プトナム氏の思ひ出を訳してお目に掛けます。

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko