えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

喜びと悲しみの熱涙
よろこびとかなしみのねつるい
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「牧野信一全集第一巻」 筑摩書房
2002(平成14)年8月20日
初出「少年 第一九八号(銀世界号 二月号)」時事新報社、1920(大正9)年1月8日
入力者宮元淳一
校正者門田裕志
公開 / 更新2011-04-19 / 2014-09-16
長さの目安約 7 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

 道夫は友達の好き嫌ひといふことをしなかつたから、誰とでも快活に遊び交はることが出来た。従つて随分沢山な友達があつた。然し道夫がその大勢の友達の中で、真実自分の心の友である、と思つて居るのはたつた一人の沢田だつた。どういふものか道夫は沢田が好きだつた。沢田といふ友達を広い世間から見出した事は、それが偶然であればある程、道夫は自分を幸福だと思はずには居られなかつた。沢田を知らなかつた日を思ふと、現在に比べてそれがどの位淋しいものであつたかといふ事すら、ちよつと考へても直ぐ比較がとれた。兎に角道夫と沢田は黙つて居る儘で、「永久の味方」を得たと、互ひに思ふ事が出来た。
 A中学が中学野球界に覇を保つて居るのは、投手の沢田と捕手の道夫との力に在るのだつた。それは誰でもが認めて居た。然しその二人の中どつちかゞ欠けたならば、沢田は道夫を相手として働く程の効果を現すことは出来なかつたし、道夫もそれと同じであると思つて居た。二人の意気がぴつたりと合つて居たからである。二人は二人の力を合せて完全な一つの力を作ることが出来たのである。――だからそれは野球の時ばかりではなく、沢田と道夫とは離るゝことの出来ない友達なのである。
 その沢田が突然学校を止めなければならない事情になつた。家が遠方へ越さなければならなかつたのである。学校ではどの位沢田ををしむだか解らなかつた。選手仲間は勿論、野球好きの生徒達は皆暗涙にむせむだ。誰も云ふべき言葉を知らなかつた。――道夫は捕手の任を辞すると云つた。道夫の申出は原因が解つて居ることなので、これにも誰一人異議を唱へる事が出来なかつた。
「沢田君が居なくなると僕は野球ばかりぢやない――動くのも嫌だ。それは我儘で云ふのではない。――僕は沢田の球でないと受けとれぬと同じやうに、沢田が居ないとその日の送りようがないのだ。」と道夫は涙を流して云つた。
 校舎の裏の椿の花は冷い冬の下に、――丁度沢田と道夫の涙のやうに、悲しげにぽつりぽつりと咲いて居た。風もないのに花は地面に落ちた。落ちる瞬間黄色い花粉が太陽の光にパツと散つたのを二人は見た。そんな細いものが見えた程二人の心は悲しみの底に沈んで、静まつてゐた。
「僕は君と別れると思ふと――嘘のやうに思はれてならないよ。今迄こんな事にならうなどとは考へもしなかつたからね。」
「二人が余り仲が好過ぎるために、二人がこんな意久地無しになつてしまふのだが――何だか僕は――君と離れて遠い土地で暮さなければならない僕のこれからの日は、真暗になつたやうな気がするんだ。」
「残される僕だつて同じ事だよ。」
 椿の葉蔭では目白が鳴いて居た。涙だけは二人とも堪えたが、二人の眼差は濡れた月のやうに霑むで居た。
「おや君達はこんな処に居たのかえ。随分探したぜ、もうすつかり用意が出来たのだ。さあ行かう。」
 岡田が二人を迎へに来たのであ…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko