えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

うさぎと二人のおじいさん
うさぎとふたりのおじいさん
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「定本小川未明童話全集 5」 講談社
1977(昭和52)年3月10日
入力者特定非営利活動法人はるかぜ
校正者江村秀之
公開 / 更新2014-03-14 / 2014-09-16
長さの目安約 4 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

 ふたりの気むずかしい、おじいさんが、隣り合わせに住んでいました。一人のおじいさんは、うさぎを飼っていました。白いのや、黒いのや、なかには、毛色の変わった珍しいのやらがおって、それを大事にして、我が子のように、めんどうを見てやっていましたが、隣のおじいさんが、毎朝、大きなせきをして、うさぎを驚かすので、そのたびに、眉をひそめて、口のうちで、小言をいっていたのです。
 また、こちらのおじいさんは、隣の家では、ろくろく庭も広くないのに、うさぎなどを飼っているので、まだ暗いうちから、うさぎがけんかをして、キッ、キッ、といったりする、そのたびに目をさまさせられて、うるさいことに思っていました。
「こんな、狭い場所で、あんな生き物などを飼うばかがあるものか……。」と、せきをするおじいさんはいったのです。
 おじいさんが、こういって、怒るのも無理はない。よく、うさぎが、垣根の下の方のすきまから、紅い目と、とがった唇を出して、こちらのおじいさんが、丹誠している草の芽や、盆栽の葉などを食べたからでした。
 ある朝のこと、うさぎを大事にしているおじいさんは、いちばんかわいがっていた黒いうさぎが垣根のすきまから、隣の庭に植わっている、木の葉かなにかを食べているのを、だまって知らぬふりをして見ていました。このとき、ちょうどせきをするおじいさんが、やはり、こちらで、うさぎが自分の家の方へ顔を出しているのを見つけましたので、ひとつおびやかしてやろうと思って、足音をたてぬようにそばへ寄って、大きなせきをうさぎの頭の上でしたのでした。
 うさぎは、びっくりして逃げ出しました。これを見たうさぎのおじいさんもやはり、びっくりしました。
 この後のことです。黒いうさぎが、せきをするようになりました。うさぎを飼っているおじいさんは、これは、隣のおじいさんが、このあいだ、うさぎにせきをうつしたからだと思いました。うさぎが、あちらへ頭を出したのが悪いから、表向きに、どうこういうことはできなかったけれど、おじいさんは、このことでぷんぷん、怒っていました。
「うちの黒いうさぎへ、隣の老人が、せきをうつしたのですよ。」と、おじいさんは、くる人々に、告げていました。
「へえ、うさぎが、せきをうつされたのですか?」と、近所の人たちは、みょうなことがあればあるものだと、わざわざ黒いうさぎが、せきをするのを見にやってくるものもあった。すると、黒いうさぎが、小さな頭を上下に動かしながら、せきをしたのです。人たちは、腹を抱えて笑いました。
「うさぎに、せきをうつすなんて、みょうな老人があったものだ。」と、こんどは、みんなが、せきをするおじいさんのうわさをしました。
「どんな顔のおじいさんですか?」と、いうものもあれば、
「変わった、おじいさんですね。」と、いったものもありました。
「こんど、通ったときに、どんな顔をし…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko