えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

プールと犬
プールといぬ
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「日本児童文学大系 三〇巻」 ほるぷ出版
1978(昭和53)年11月30日
入力者菅野朋子
校正者雪森
公開 / 更新2014-08-02 / 2014-09-16
長さの目安約 9 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

 公園の中の子供プールには、朝八時ごろから、もう泳ぎがはじまつてゐました。
 そんなに早く来る子は、みんな男の子ばかりで、たいてい威勢のいゝ、黒いふんどしをしめてゐました。どんなに深いところでも、やつと一メートルぐらゐしかないので、あんまり奇抜な泳ぎは出来ません。それに、面白い遊びをしようにも、まだ見物してくれる者が来てゐないのです。
 黒いふんどしの子供たちは、犬かきや、蛙泳ぎや、平泳ぎを、唇が青くなつてガタ/\ふるへるまで、練習します。
 九時・十時になると、ギラギラする日が照りだして、公園の木かげにも、子供プールのまはりにも、だんだん人が集まつて来て、色さまざまの日傘や帽子の、きれいな花が咲くのです。
 子供プールの中にも、だんだん泳ぎ仲間がふえて、いろんな面白い水遊びがはじまります。黒いふんどしの子供たちは、もう犬かきや、蛙泳ぎばかりしてはゐません。ふんどしの尻に手拭をブラ下げたり、お尻ばかりプツクリ浮べたり、仲間を背中に乗せたりして、さかんに騒ぎまはつてゐます。
「おい、見ろよ、浦島太郎だぞ。」
「ふんどしの浦島太郎が、乙姫様に会ひに行つちよる光景……と、ござアい!」
「プーカ・プーカ・ドンドン……」
「あはははア!」
 浦島太郎が、亀の背中から振り落されて、ザブツと水にもぐりました。そして、ふんどしをしたお尻だけが、プクツと水の上に、チヨンまげ頭のやうに浮びました。
 それを見て、ふんどしをしめた子供たちは、また騒ぎました。
「やあ/\あれなるは、平家の大将・清盛入道とおぼえたり。いざ、めし捕れエ!」
「こころえたア!」
 ザブン!
 ザブン!
 飛びこんで尻を立てると、みんなチヨンまげ頭になります。その頭がプクリ・プクリと、だんだん向ふへ向ふへと泳いで行きます。
 清盛入道の首は沈んで、もうそこへは可愛い女の子が、花環のやうな赤い浮袋に乗つて流れてきます。黒いふんどしの子供たちは、水から顔を出して見てびつくりします。
「おまい、清盛入道か?」
「やアな人。」
「そんなら、乙姫さんぢやらう?」
「しらないわ。」
 女の子は笑ひながら、バシヤバシヤ水をはね飛ばして行きます。黒いふんどしの子供たちはブルツと顔を手でなでて、まぶしさうにプールを見廻しました。
 学校の講堂よりも広いプールは、もう子供で一ぱいです。いつの間に、こんな沢山の子供が集つたのでせう。
 男の子は女の子よりも少く、たいてい黒か白かのパンツをはき、手拭で頭に鉢巻をしてゐます。女の子はパツとした、赤や、青や、黄や、紫の、ただ胸だけかくす薄い水着を着、頭には色さまざまの袋のやうな、きれいなゴムの帽子を冠つてゐます。そして、小さい子や女の子は、やはらかい股のやうにふくらんだ、色さまざまの浮袋をもつてゐます。自動車のタイヤのやうな円い浮袋もあれば、8の字のや、また、猿や亀や鵞鳥などの首のつ…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko