えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

風隠集
ふういんしゅう
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「白秋全集 9」 岩波書店
1986(昭和61)年2月5日
入力者岡村和彦
校正者フクポー
公開 / 更新2018-01-25 / 2017-12-26
長さの目安約 51 ページ(500字/頁で計算)

広告

えあ草紙で読む
HTMLページで読む

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

広告

本文より

[#ページの左右中央]


震前震後



[#改ページ]
薄日の崖

白菊

目にたちて黄なる蕋までいくつ明る白菊の乱れ今朝まだ冷たき

黄の蕋のいとど目にたつ白菊は花みな小さし咲き乱れつつ

さえざえと今朝咲き盛る白菊の葉かげの土は紫に見ゆ

独遊ぶ今朝のこころのつくづくと目を留めてゐる白菊の花に

菊の香よ故しわかねどうらうらに咲きの盛りは我を泣かしむ

咲くほどは垣内の小菊影さして日のあたり弱きしづもりにあり

独居はなにかくつろぐ午たけて酒こほしかもこの菊盛り

この垣内見つつ狭けど白菊のにほふおもてのかぎりなく澄む

籬の菊
鎌倉小町園にて
日あたりの籬の白菊小町菊盛り過ぎつつなほししづけさ

白菊や香には匂へどうつつなしよにしづかなる日ざしあたれり

菊の影いくつしづけき真柴垣日は移るらしあたるとなしに

かの薫るは日当りの菊日かげの菊いづれともわかぬ冷たき菊の香

日向べは観てしづかなり菊の香のうつらかがよふひと日遊ばむ

草の穂
父母のしきりに恋し雉子のこゑ  芭蕉
日当りと日影のすぢめ目につきてしきりにさびし穂にそよぐもの

かやの実

榧の木にかやの実の生り、榧の実は熟れてこぼれぬ。こぼれたる拾ひて見れば、露じもに凍てし榧の実、尖り実の愛し銃弾、みどり児が頭にも似つ、わが抱ける子の。


かい擁へかやの実ひろふ朝寒し子が掌にもしかと一つ持たしつ

かいかがみ拾ふ木の実のか青さよしみじみと置く今朝の露霜

みどり児が力こめたる掌に一つ手にぎる小さきかやの実

霜じみの一つかやの実押し据ゑて何ぞこの子があつき掌

かやの実も愛しとは思へかい撫でて吾がみどり児が愛し頭毛

みどり児の尖る頭よよく似ればあはれよひろふ凍てしかやの実

今朝も見てここだ現しきかやの実やほらよほらよと子に拾ひつつ

かやの根にかやの木地蔵ましまして子らも立ちたり霧の木しづく

地にころげここだ下凍むかやの実はかきさがすまも愛しかりけり

籐椅子の上

何あそびうつつなき子ぞ椅子の上にゆらぐ頭のうしろのみ見ゆ

うつつなく頭揺りをるうしろ影わが子ぞと見つつ息もつきあへず

独よく遊ぶ吾子や久しくを声ひとつたてず真日あかるきに

気にふかく遊ぶ吾子や後附きてうかがひほほえみ息つむ我は

あれの児が独あそびの幼くてはずみあまれば手を挙げ叫べり

葉鶏頭の種子

うらなごむ今日の日向や種子とると刈りて干したり了へし葉鶏頭

茎も葉もあかき葉鶏頭根刈りして地にたたきをり房の種子殻

掌の汗にしみみ粒だつ紅の種子葉鶏頭の種子は柔ら揉みつつ

ねもごろにけふも了へたり葉鶏頭の千金丹は布の袋に

薄日

いつしかと寒うなるらし見つつ行く薄日の崖の竹煮草のかげ

竹煮草の枯がれの葉のがさつき葉をりふしの風も陽もかげらしむ

枯れにけり今は芙蓉の実の殻の中干割れつつ光る絹の毛

冬晴

えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2018 Sato Kazuhiko