えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

校庭
こうてい
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「新修宮沢賢治全集 第六巻」 筑摩書房
1980(昭和55)年2月15日
入力者junk
校正者土屋隆
公開 / 更新2011-07-16 / 2014-09-16
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


さ霧する白き木柵
幹彫れる桐のいくもと

剥げそめし白きペンキの
木柵に人人は倚り
そのペンキあるいは剥げ
あるものは庭をのぞめり

一鐘のラッパが鳴りて
急ぎ行く港先生
白堊城秋のガラスは
ひらごとにうつろなりけり



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko