えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

俳句
はいく
著者
文字遣い旧字旧仮名
底本 「萩原朔太郎全集 第三卷」 筑摩書房
1977(昭和52)年5月30日
入力者kompass
校正者小林繁雄
公開 / 更新2011-07-27 / 2014-09-16
長さの目安約 2 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


   ○

五月幟立つ家家の向うに海

   ○

    暮鳥忌
磯濱の煙わびしき年のくれ

  笹鳴

笹鳴の日かげをくぐる庭の隅

笹鳴や日脚のおそき縁の先

   ○

天城ごえ伊豆に入る日や遲櫻

青梅に言葉すくなき別れ哉

   ○

青梅に言葉すくなき別れかな

   ○

冬日くれぬ思ひおこせや牡蠣の塚

   ○

    我が心また新しく泣かんとす
冬日暮れぬ思ひ起せや岩に牡蠣

   ○

ブラジルに珈琲植ゑむ秋の風

枯菊や日日にさめゆくいきどほり

   ○

プラタヌの葉は散りはてぬ靴磨き

冬さるる畠に乾ける靴の泥

   ○

虹立つや人馬にぎはふ空の上

   ○

人間に火星近づく暑さかな

秋さびし皿みなわれて納屋の隅

枯菊や日日に醒めゆく憤り

虹たつや人馬にぎはふ空の上
[#改ページ]

  『遺稿』より

  我が齡すでに知命を過ぎぬ
枯菊や日日にさめゆく憤り
  若き日の希望すべて皆空しくなりぬ
秋さびし皿みな割れて納屋の隅
  鳴呼すでに衰へ、わが心また新しく泣かむとす
冬日くれぬ思ひ起せや岩に牡蠣
  故郷に歸れる日、利根の河原をひとり歩きて
磊落と河原を行けば草雲雀
  わが幻想の都市は空にあり
虹立つや人馬賑ふ空の上
  隱遁の情止みがたく、芭蕉を思ふこと切なり
藪蔭や蔦もからまぬ唐辛子
  晩秋の日、湘南の或る侘しき海水浴場にて
コスモスや海少し見ゆる邸道



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko