えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

国産自動車と価格の問題
こくさんじどうしゃとかかくのもんだい
副題――自動車製造工業の一大難関――
――じどうしゃせいぞうこうぎょうのいちだいなんかん――
著者
文字遣い旧字旧仮名
底本 「豊田喜一郎文書集成」 名古屋大学出版会
1999(平成11)年4月15日
初出「トヨダニュース 第六号」1936(昭和11)年8月25日
入力者sogo
校正者塚本由紀
公開 / 更新2015-05-27 / 2015-03-08
長さの目安約 4 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

 如何に良い自動車が出來ても、高價で經濟的に使用出來ぬものでは役にたゝぬ。自動車を使用するか使用しないかは結局値段の問題に落付くわけだ。果して日本ではどれ位の數量を作れば國産車として適當な値段で出來るであらうか。之は誰れもが知りたがる數字であるが、誰れも確答する事は出來ぬ。現在賣れる値段で賣らなくてはならぬ。賣れる値段とはどの位の値であるか。少くとも外國車より安くなければ賣れないであらう愛國心に訴へて賣らうとしても、月に五十臺や百臺は何うにかなるとしても、三百臺や五百臺と多量に賣り捌く事は六敷しい。矢張り値段で競爭しなくてはならなくなる。殊に人の癖として新らしいものを安く買ふ事には一種の快樂を覺えるものであるから、必要以上に安く値段を叩かれる事は今迄吾々が作つた機械の販賣に依て明らかである。政府關係で購入せられる車は或は價値だけに購入して戴けるかも知れないが、それ以外のものは必ず叩ける丈け叩かれるに決つたものである。それを愛國心に訴へると云う事は事實上不可能であらう。故に値段は思ひ切つて安くしなくてはならないであらうし、又そうしなかつたなら毎月何百臺と云ふ車を捌く事は出來ない。如何に販賣技術を以つてしても、又如何に宣傳を巧みにするとしても、一時はそれで何んとか胡魔化す事も出來やうが長續きはしない。段々國産車の値打が分つて來ればそれ相當の値段で買つて貰へるであらうが、それ迄は只で持つて來たら御義理で使つてみてやらうと云ふ程度の考へで、國産車を買はれる方が多いと思ふ。何も國家の爲だと云ふて、先に立つて國産車を使用してみやうと考へられる方は極く少い事と思ふ。矢張り新らしいもの丈けに金をかけて良くしなくてはならぬが値段はうんと安くしなくてはならぬ。國産車を作つて賣らうとすればそれ位の事は當然考へなくてはならぬのであるが果して其の値段で賣つて將來成算がとれるかどうか。此の點は製造者として最も考慮を要する點である。
 幸自工法が出來て或る程度の無謀な値段の競爭は防がれた。然し逆に之が出來た爲に外國車も内地車も以前より高くなる樣では申譯がない。少くとも之が出來た爲めに、國産車が發達し其の爲に需要家も安い自動車が買へる樣にならなくてはならぬ。此の點吾々自動車製造業者には大きな責任がある。然し始めからさう安く出來ないのは當然である。現在國産車として賣れる値段を以つて、經濟的に製造し得る可能性が有るか何うか値段を安くするのは良いが、其れが爲めに材料や製作を惡くして使用に耐へない樣になつたら、結局何にもならぬ。此處に國産自動車の出鼻に於いて非常な困難がある。安くて良いものを製作すれば必ず賣れると云ふ原則には何等變化はないが初めから安くて良いものが出來る筈はない。此の難關を如何にして突破するか。自工法は無理な競爭、殊に外國車の如き基礎も充分固まつた實力のある會社のダンピングを防ぐ意…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko