えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

秋日行語
しゅうじつこうご
副題〔菊もうららに〕
〔きくもうららに〕
著者
文字遣い旧字旧仮名
底本 「萩原朔太郎全集 第三卷」 筑摩書房
1977(昭和52)年5月30日
入力者kompass
校正者小林繁雄
公開 / 更新2011-08-07 / 2014-09-16
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


菊もうららに咲きいでたれど
我身は砂丘に寄りて悲しめり
さびしや海邊のおくつきに
路傍の草を手向くること
このわびしきたはむれに
ひとり樹木にすがりつき
たましひも消えよとむせびなく。
ああふるさとの永日に
少女子どものなつかしさ
たとしへもなきなつかしさ
やさしく指を眼にあてて
ももいろの秋の夕日をすかしみる
わが身の春は土にうもれて
空しく草木の根をひたせる涙。
ああかくてもこの故郷に育ちて
父母のめぐみ戀しやと歌ふなり。



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko