えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

立秋
りっしゅう
副題――大沼竹太郎氏ニ捧グル詩――
――おおぬまたけじろうしニささグルし――
著者
文字遣い旧字旧仮名
底本 「萩原朔太郎全集 第三卷」 筑摩書房
1977(昭和52)年5月30日
入力者kompass
校正者小林繁雄
公開 / 更新2011-08-13 / 2014-09-16
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)

広告

えあ草紙で読む
HTMLページで読む

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

広告

本文より


遠く行く君が手に、
胡弓の箱はおもからむ。
きのふ山より摘みてかへれば、
紫苑はなしぼみて、
すでに秋の愁ひをさそふ。
友よ、
やさしく胡弓を摩り、
遠くよりしも光を送れ。
ああ、わが故郷にあるの日、
終日怒りうゑを感じ、
手を高く蒼天のうへに伸ぶ。
―一九一四、八、十四―



えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2017 Sato Kazuhiko