えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

偏狂
へんきょう
著者
文字遣い旧字旧仮名
底本 「萩原朔太郎全集 第三卷」 筑摩書房
1977(昭和52)年5月30日
入力者kompass
校正者小林繁雄
公開 / 更新2011-08-13 / 2014-09-16
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)

広告

えあ草紙で読む
HTMLページで読む

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

広告

本文より


あさましき性のおとろへ、
あなうらに薫風ながれ、
額に緑金の蛇住めり、
ああ我のみのものまにや、
夏ふかみ山路をこゆる。
かなしきものまにや、
のぞみうしなひ、
いつさいより靈智うしなひ。
さびしや空はひねもす白金、
はやわが手かたく合掌し、
瞳はめしひ、
腦ずゐは山路をくだる。
ああ金性の肉のおとろへ、
みやま瀧ながれ、
青らみいよいよおとろふ、
いのれば銀の血となり、
肉やぶれ谷間をはしる。
金性のわがものまにや。
――吾妻山中にて――



えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2017 Sato Kazuhiko