えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

紫色の感情にて
むらさきいろのかんじょうにて
著者
文字遣い旧字旧仮名
底本 「萩原朔太郎全集 第三卷」 筑摩書房
1977(昭和52)年5月30日
入力者kompass
校正者小林繁雄
公開 / 更新2011-08-31 / 2014-09-16
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


ああその燃えあがる熱を感じてゐる
この熱の皮膚を
しばしば貴女にささげる憂鬱の情熱を
ただ可愛ゆきひとつの菫の花を
貴女の白く柔らかな肌に押しあてたまへ
ここにはまた物言はぬ憂愁の浪
紫をもて染めぬいた夢の草原
ああ耐へがたい病熱の戀びとよ

戀びとよ
今日の日もはや暮れるとき
私は貴女の家を音づれその黒い扉の影に接吻しよう
しほしほと泣く心の奧深く
貴女はその惠をたれ
慈愛をもて久遠の道を聽かせ給ふか
貴女は尊き婦人 私の聖母
苦しき苦しき愛憐の祈りをきく人

この可愛ゆきひとつの菫の花を
ただ微かに貴女はほほ笑み
貴女は微かにかぐ 恐ろしい絶望の底の神祕を
人間の虚無の苦惱を 貴女は一人知る
貴女は一人知る
ああ この暗い紫の色の感情を
紫の色の、げに吐息深き私の病熱の戀びとよ。貴女は。



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko