えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

春昼
しゅんちゅう
副題――敍情小曲――
――じょじょうしょうきょく――
著者
文字遣い旧字旧仮名
底本 「萩原朔太郎全集 第三卷」 筑摩書房
1977(昭和52)年5月30日
入力者kompass
校正者小林繁雄
公開 / 更新2011-08-31 / 2014-09-16
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


うぐひすは
金屬をもてつくられし
そは畔の暗きに鳴き
菫は病鬱の醫者のやうに
野に遠く手に劇藥の
鞄をさげて訪づれくる。
ああすべて惱ましき光の中に
桃の笑みてふくらむ
情慾の一時にやぶれて
どくどくと流れ出でたり。



えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2017 Sato Kazuhiko