えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

詩諷
しふう
副題大江鉄麿諷射宣言
おおえてつまろふうしゃせんげん
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「槇村浩詩集」 平和資料館・草の家、飛鳥出版室
2003(平成15)年3月15日
入力者坂本真一
校正者雪森
公開 / 更新2015-05-31 / 2015-03-08
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


「われ/\は諷射しよう!」
と詩人大江鉄麿は、幅広いこめかみを引きつけて吃りながら言った
「保留と伏字の泥沼で、編輯者が自分で自分の評判を悪くしたとき
犬の詩を書く代りに書かすことが、ジャーナリズムの紹介業者たちの仕事となっているとき
われ/\がみんな真面目な吃りであることを強いられているとき
われ/\は正確に、そして効果的に吃ろう!

刺すことは、敵の一卒を倒すだろう
だが散兵壕はいま大量屠殺のまっさいちゅうだ
われ/\が射程を拡大しなければ、何によってわれ/\の立遅れを克服することが出来るだろう
射ることは敵の全線を乱すだろう
たとえ一卒を倒さずとも、全隊を乱せばわれ/\の任務は終るのではないか
詩は単独ではかつて何者をも倒しえなかった―――また永久に倒しえぬだろう。」

詩人大江鉄麿は、労働で上皮だけ油ぎった額を句切りごとに昂奮に吃らせ、ヴェードヌイのようにおどけてみせながら言った
「諷刺の代りに、われ/\は諷射しようではないか!」

(十四行詩)
―一九三五・八・三一―



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko