えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

シュレジェンの織工によせて
シュレジェンのおりこうによせて
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「槇村浩詩集」 平和資料館・草の家、飛鳥出版室
2003(平成15)年3月15日
入力者坂本真一
校正者雪森
公開 / 更新2015-06-03 / 2015-05-08
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)

広告

えあ草紙で読む
HTMLページで読む

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

広告

本文より


おなじみの古調で
ハイネはしみじみとシュレジェンの織工の歌をぼくに告げた
無慈悲な神々、王と、不実な祖国とえ三重の呪咀を織りこんだむかしの労働者の歌を

その后ぼくは皇帝の監獄部屋で
皇帝の親衛兵たちのボロを解きながら
皇帝の緋色の衣装を拝受した

このマンチュリアの婦人服に似た着衣は皇帝の女囚によって織られた
三重の呪咀は、高貴な織物の一片々々にしみわたっていた
僕は毎朝監守の前で、わざとおどけた小供のような情熱をもってこの筒っぽの着更に接吻した
(以下喪失)



えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2017 Sato Kazuhiko