えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

横浜市歌
よこはましか
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「横浜市歌」 横浜市
1959(昭和34)年6月
入力者大野晋
校正者高瀬竜一
公開 / 更新2017-02-17 / 2017-01-20
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)

広告

えあ草紙で読む
HTMLページで読む

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

広告

本文より


わが日の本は島国よ
 朝日かがよう海に
  連りそばだつ島々なれば
   あらゆる国より舟こそ通え

されば港の数多かれど
 この横浜にまさるあらめや
  むかし思えば とま屋の煙
   ちらりほらりと立てりし処

今はもも舟もも千舟
 泊る処ぞ見よや
  果なく栄えて行くらんみ代を
   飾る宝も入りくる港



えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2017 Sato Kazuhiko