えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

熱河略図 No.2
ねっかりゃくず No.2
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「李箱作品集成」 作品社
2006(平成18)年9月15日
初出「朝鮮と建築 第十一集第七号」朝鮮建築会、1932(昭和7)年7月
入力者坂本真一
校正者春日井ひとし
公開 / 更新2018-01-11 / 2018-01-11
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)

広告

えあ草紙で読む
HTMLページで読む

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

広告

本文より


1931年の風雲を寂しく語つてゐるタンクが早晨の大霧に赭く錆びついてゐる。
客桟の[#挿絵]の中。(実験用アルコホルランプが灯の代りをしてゐる)
ベルが鳴る。
小孩が二十年前に死んだ温泉の再噴出を知らせる。



えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2018 Sato Kazuhiko