えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

真昼
まひる
副題―― 或るESQUISSE ――
―― あるESQUISSE ――
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「李箱作品集成」 作品社
2006(平成18)年9月15日
初出「朝鮮と建築 第十一集第七号」朝鮮建築会、1932(昭和7)年7月
入力者坂本真一
校正者春日井ひとし
公開 / 更新2018-01-11 / 2018-01-11
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)

広告

えあ草紙で読む
HTMLページで読む

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

広告

本文より


      ○
ELEVATER FOR AMERICA.
      ○
三羽の鶏は蛇紋石の階段である。ルンペンと毛布。
      ○
ビルデイングの吐き出す新聞配達夫の群。都市計画の暗示。
      ○
二度目の正午サイレン。
      ○
シヤボンの泡沫に洗はれてゐる鶏。蟻の巣に集つてコンクリヒトを食べてゐる。
      ○
男を※※[#「車+般」、318-8][#「てへん+那」、U+632A、318-8]ぶ石頭。
男は石頭を屠獣人を嫌ふ様に嫌ふ。
      ○
三毛猫の様な格好で太陽群の隙間を歩く詩人。
コケコツコホ。
 途端 磁器の様な太陽が更一つ昇つた。
      ○



えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2018 Sato Kazuhiko