えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

首里城
しゅりじょう
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「沖縄文学選 日本のエッジからの問い」 勉誠出版
2003(平成15)年5月1日
初出「日本詩人 第三巻第三号」1923(大正12)年3月
入力者坂本真一
校正者良本典代
公開 / 更新2017-01-23 / 2017-01-18
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)

広告

えあ草紙で読む
HTMLページで読む

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

広告

本文より


清ら若水にみそぎ美々しく袖ひきつらね
首里天加那志美御機拝むと人々は
開暁鐘とつれて石畳九重の城に登つたで(あ)らう
歌と蛇及皮線に城内の夜は明けはなれ
御祝ごと続く御代の福らしや
都大路にあけず羽美衣も晴れやかに飛び交ひ
御冠船踊の華々しさよ
浮上とて見ゆる凪の伊平屋嶽の如くに
玉黄金若人たちは
娘たちの前に踊り栄えたであらう
花の昔よ走川のごとに
(流)れゆく年波を漕ぎ戻すよすがもなく
唐破風の屋根は苔蒸し 風にいたみ
竜樋の泉には清ら白鳥もおり立たず
茨に古ぶ階段とほく石塊ふみあぐみ
城壁高く望楼に登り立てば
天美子の御神天降り作り召したる島々や
新装こらした緑の真帆はりはい並び
おす風とつれて朝の港を帆走いづるよ。



えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2017 Sato Kazuhiko