えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

赤穂御崎詠草集
あこうみさきえいそうしゅう
著者
文字遣い旧字旧仮名
底本 「日光浴室 櫻間中庸遺稿集」 ボン書店
1936(昭和11)年7月28日
入力者Y.S.
校正者富田倫生
公開 / 更新2011-12-14 / 2014-09-16
長さの目安約 2 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


――カムバスを立つ――

岳の上はひたに靜もり妹は合歡の木の下にカムバスを立つ

妹は默して立てりひたすらに海を描かむ心一つに

帆の形面白しなど語らひつ雜草の丘にデツサンをする

――貨物船――

やゝ沖に貨物船はとまりたりデツキを動く人の氣配す

貨物船の投錨の音たかだかと朝の海にひろごりわたる

蟲にたかる蟻の如くに船をめぐり塩運ぶ船集りてきぬ

凪なれど海に寫らず貨物船の朱の船腹はなかばあせたり

――潮光園など――

潮光園對鴎館など好ましき旅館を持つよ御崎の海は

ベランダの朝のてすりにそと凭りて海を見居たる少女を想ふ

潮光園のベランダはよろしやゝ沖に眞赤な貨物船の點景を持つ

赤き屋根白きベランダたへまなく青き海風さやさやと入る

――鳶――

海にすめば海になれたり鳶三羽怒濤の岩に降りて動かず

曇り日の空は低くして南風に吹かれて鳶はその空に居り

蝉をついばみ鳶はましぐら昇りゆくその猛しさは心にくきや

――猿數多鐵柵の中に飼ひてあれば――

鐵柵に猿は並びぬ眼をむきて手をさしのばし物乞ふかたち

怒り悲しみ恐れはすれど猿なれば笑ひを何處かに忘れたる如し

餌に寄りて爭ふかたち猿なればわれら笑ふもわれらも似たり



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko