えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

先駆者
せんくしゃ
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「日本プロレタリア文学集・38 プロレタリア詩集(一)」 新日本出版社
1987(昭和62)年5月25日
入力者坂本真一
校正者フクポー
公開 / 更新2017-10-02 / 2017-09-24
長さの目安約 2 ページ(500字/頁で計算)

広告

えあ草紙で読む
HTMLページで読む

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

広告

本文より


この瞬間世界は
尊い持物の一つを
失おうとしているのだ
革命をバイロンの熱で叫び出し
ホーマの調で
勝鬨をあげようとした君が
あわれ囚われとなって
虐政者の鉞の下に坐っている

君の晴れた瞳も華かな笑声も
もう再び俺達の手に
帰って来ないのだ
地を離れて――遥かに遥かに
あの蒼穹の彼方へ距りゆくのだ
歎いても泣いても
魂は再び帰って来ないのだ!

昔から幾千の思想家が磔にせられ
幾万の改革者が烙き殺されたことか
そしてその血潮が
深く溢れて湖とよどみ
堤の切れるしばし前の
凄い沈静を保っている――

ああ世界は
偉大な生殖をなさんがために
惨ましい陣痛をなめている――
虐政者は自分が溺れる
湖の血を増さんがために
尊い反抗者を殺そうとしているのだ
馬鹿な悲劇だ――

見ておれ
もうしばらくすれば堤が切れる
そして血潮が洪水を起して
燐火を燃やしつつ
怨霊の叫喚と共に圧制者に押しよせる
もう遅い! 逃れようとても
溺れかかる虐政家の手足に
べっとりと血が粘り
殺された者の毛髪が藻のように絡みつく

振りあげた鉞の下に
あの世の扉が開く
中は咲き乱れた花園――
恍惚の楽が満ちている
君よ
安らかにその扉を押して
静かな世界に入りたまえ
天上から不思議な韻律が響いて来る
――そしてそれが
群衆の哀愁と縺れて
君の死を讃美しているようだ

鉞が光った
僕は静かに黙祷しよう――
(発表誌不詳 一九五四年七月河出書房刊『日本現代詩大系』第七巻を底本)



えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2017 Sato Kazuhiko