えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

作業機械
さぎょうきかい
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「日本プロレタリア文学集・38 プロレタリア詩集(一)」 新日本出版社
1987(昭和62)年5月25日
初出「鎖」1923(大正12)年7月号
入力者坂本真一
校正者雪森
公開 / 更新2015-12-19 / 2015-09-01
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


材料は金属と木と革――有抵抗の物体――
構造は胴と軸と車と槓杆と発条
こいつには脳味噌がないんだ!
こいつには性慾がないんだ!

だが
月と日が惚れ合って
互に近づいて遂に性交したとき
流れ出た汚物の凝固したもの 石炭!
石炭は思い出から燃え上る 天然勢力!
機械は動く

調革…………調車
      軸
      歯車
      偏心輪
      槓杆……発条
回転 衝程 弧動――昇降
機械はまわる
 晩から朝まで 朝から晩まで

こいつを人間が使ってだ
人々がその慾望を楽々と慰められると思ったが
奴等 金持がにっこりと微笑したに止って
機械の運転者――職工――は機構の一部となってしまった
機械的労働
 十二時間
 十八時間
 徹夜!
寝ぼけてしまった職工
だが機械は疲れず高速度回転!
あっ? 機械が腕を喰った
 血……血……血………
(『鎖』一九二三年七月号に発表)



えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2017 Sato Kazuhiko