えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

わが児に
わがこに
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「日本プロレタリア文学集・38 プロレタリア詩集(一)」 新日本出版社
1987(昭和62)年5月25日
初出「民衆」1918(大正7)年2月号
入力者坂本真一
校正者雪森
公開 / 更新2016-01-25 / 2015-12-30
長さの目安約 4 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

坊や、私は今お前を見る
お母さまの側にそい寝して居るお前を見る
何と云うこましゃくれた相だ
何と云う不思議な生物だ
それが十ヵ月前に生れたあのみにくかった肉塊か
母の胎内から外にとび出して
さながら世の中を馬鹿にしたように一しゃくりくしゃみして
さて初めてオギャアと泣き出したあの肉塊か
ああお前は実に、私の驚異だ

まだお前のお誕生が来ないのに
お前はもう立派な人間だ
人並みにお前は悲しみを知って居る、
人並みにお前は寂しさを知って居る
そしてまた喜びを、怒りを、嘆きを、厳粛を、滑稽を、遊戯を、飢えを、満腹を、
お前はもう大人の言葉をききわける
お父さまがしかるとお前は泣く
お母さまが愛想の言葉をかけるとお前は喜ぶ
お前はまたお前自身の言葉をもって居る、
機嫌のいい時にはアップアップと云い
要求するときには泣き
悲しい時にも泣き、
怒るときにも泣く、
泣くことがお前の言葉だ
だがお父さまにはその泣き方でお前の心がわかる、

お前は恐ろしい観察者だ
たった一つのマッチ函でもお前はそれをあだには持たぬ
幾度も幾度もお前はそれを持ちかえて見る、
先ずその赤い絵のついて居るところを、
それからその反対の側を、
それからその横側を、
それからそのたて側を
そして何時の間にかお前はその内容をひき出してたのしむで居る。
どんな科学者もお前程には精密な研究をしないだろう

お前はもうあの紙鳶を覚えて居る
お祖父さまから贈って下さった
あのお前の好きな紙鳶を
「坊や、紙鳶は」
お母さまがたずねると
お前はきょろきょろとあたりをみまわして
そしてついにそれを見つける、
お前はまた電燈を覚えた、
時間をも、小母さまをも、せつやをも、お父さまをも、お母さまをも
そしてトウトウの鳴きごえをも
兵隊さんのカッパカッパをも

おお、坊や
智恵づくにつれてお前も益々かわゆくなる
お父さまの胸には愛情が春の陽のようにふくらむで来る、
親の愛だ、
お父さま自身にもわからぬ愛だ、
お前は此の愛をむさぼる、
飽くことも知らず此の愛を吸う
そしてお父さまも愛の報酬を――歓喜――をうける
だが坊や、ゆるしてお呉れ
お父さまは時々さびしくなるのだ
お前を見て居るとさびしくなるのだ
お前は成長する
お父さまは衰える
自分の仕事の半分もしないうちに
お父さまはもうお前のために働かねばならぬ
まるで、お前を育てることが唯一の使命ででもあるように
ああお父さまは、いや人間は
生命の子を産むためにのみつくられたのだ
生活のアルファよりオメガまで
一切はまた生命のためだ
自分のために生きる寸毫の特権もない
生命の与えて呉れた自分と云うものは
ああはかない精神の蜃気楼に過ぎない
自分と云う意識があるのに
自分に許される何物もない
そしてみんな子孫を残しては死ぬのだ
お前もまた同じように。
愛慾のさびしさよ
理智のかな…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko