えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

感謝
かんしゃ
副題――救援会の人々へ――
――きゅうえんかいのひとびとへ――
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「日本プロレタリア文学集・38 プロレタリア詩集(一)」 新日本出版社
1987(昭和62)年5月25日
入力者坂本真一
校正者雪森
公開 / 更新2016-02-06 / 2016-01-16
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


ふところには
びた一文もない
ここへ廻されたことも
誰れも知らないだらう
便りさえ
奪れている身だ

六日間
便器とカビと煤との
あらゆる臭いにむされながら
くさいめしを
無理につめ込んで
煤だらけの真っ黒い天井と
にらめっこして生きた

七日目
ふと、独房までも
つき抜ける声を聞いた
「ここに
Sと云う男がきている筈ですが
この本と金をやって下さい……」

思わず
俺は格子にすがった
Hの声だ
おお、五十里をはるばると
差入れにきた嬉しい仲間よ
それにしても
ここへ送られたことを
誰れが伝えたろうか?

そうだ!
俺達の支持者はどこにもいる
あのとき一緒にいた
チンピラか?
スリか?
酔いどれか?
とまれ
救援会と連絡がついたのだ
明日から退屈なしに生きられるぞ!

めったに
流れぬなみだが
このときばかりはにじみ出た
おおこれが
嬉しなみだと云うのだろう
(発表誌不詳 一九三一年八月戦旗社刊『一九三一年版日本プロレタリア詩集』を底本)



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko