えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

青い服の列
あおいふくのれつ
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「日本プロレタリア文学集・38 プロレタリア詩集(一)」 新日本出版社
1987(昭和62)年5月25日
初出「生活と芸術」1915(大正4)年12月号
入力者坂本真一
校正者雪森
公開 / 更新2016-03-22 / 2015-12-24
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


青い服の長い列、
みんな揃って青い服、
ひょろひょろとした、
せいのひくい、
営養不良の、
顔まで青い長い列。

みんな同じようなゲートルをまいて、
手に手に日の丸の小旗をもって、
生徒のような帽子をかぶって、
どれもこれも、
鉱毒と過労にひきつったような顔。

時間にして一時間以上、
長さにして一里以上、
数にして一万以上、
砲兵工廠から二重橋まで
うねうねと蟻の列のように。

それがみんな人間だ、
しかも髯をはやした立派な人間だ。
青い服を着た職工――
人間の器械だ。

花の日の酔うような街中を、
小旗をふりながら謳ってゆく、
なんと言って謳ってゆく、
見たことも、嘗めたこともない、
「黒酒白酒をとりもちて――」……。
(花の日所見)
(『生活と芸術』一九一五年十二月号に発表)



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko