えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

赤い電車
あかいでんしゃ
著者
文字遣い旧字旧仮名
底本 「日光浴室 櫻間中庸遺稿集」 ボン書店
1936(昭和11)年7月28日
入力者Y.S.
校正者富田倫生
公開 / 更新2011-12-14 / 2014-09-16
長さの目安約 3 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

 東京の街から出てゐる二本のレールは原つぱをつききつて青い空の下を、ずつとあちらまでつゞいてゐます。そのレールの上を青電車がシンシンと音をたてて走りました。
 じゆん一くんのお家は、その原つぱのまん中にある小さな町にありました。
 じゆん一君は電車がすきでした。
 町の踏切りにはをぢいさんが電車の通るたびにしやだんきを擧げたり、降したりしました。をぢいさんが手に持つてゐる青い旗は、すつかり色がなくなつてゐて、風にひたひたゆすられました。
 じゆん一君は、まい日、夕方になると、ひとりで、そこの踏切りまでゆきました。踏切の近くの木柵に凭りかかつて、電車の通るのを待ちました。お父さんが、東京のお役所へお仕事に行つて居られるのです。
 踏切り番のをぢいさんとじゆん一君は仲良しになりました。
 をぢいさんは、にこにこしながら、もうすぐ赤い電車が通るのだよと教へてくれました。間もなく東京の方から、シンシンと音をたてながら電車が走つてきました。それはをぢいさんの言つたとほり塗りたての眞赤な電車でした。電車には運轉手が、ひとり、乘つてゐるきりで、停車場にはとまらないで、夕燒け空の下を、きらきら光りながら、原つぱの中を走つて行きました。そしておもちやのやうに小さくなつて、たうとう見えなくなつてしまひました。
「あの電車はどこへ行くの」
 とじゆん一君はをぢいさんにたづねました。
「あれはね。ずつとあちらにある町に買はれて行くのだよ。あちらの町が廣くなつて、電車がつくやうになつたのでね」
 とをぢいさんは教へてくれました。
「明日ね、又、いまころ、こゝを通るのだよ。別の赤い電車がね。見にいらつしやい。」
 とをぢいさんはにつこりして言ひました。

 その次の日、夕方、じゆん一君は、又、踏切りに行きました。
 をぢいさんの言つたとほり、眞赤な電車は運轉手一人をのせたきりで、シンシンと音をたてゝ走つてきました。そして停車場にはとまらないで、あちらの町の方へだん/\小さくなつて走つてゆきました。
「あれはね。昨日の赤い電車と同じ工場で出來たのだよ」
 とをぢいさんは言ひました。
「ぢや兄弟だね」
 とじゆん一君が大きな聲でいつたのでをぢいさんは、はつはつはつと笑ひ出しました。
 そして、
「明日、も一つ通るから、又おいでな」
 と言ひました。
 じゆん一君は、その次の日も見にゆきました。昨日と同じやうに眞赤な電車は、走つてゆきました。
 じゆん一君は、お家へかへるとお父さんに、赤い電車を買つて下さいとねだりました。
 その晩お父さんは、じゆん一君に、デパートで赤い電車を買つてきてくれました。
 じゆん一君は、その夜、夢を見ました。
 踏切り番のをぢいさんと、二人で、あの眞赤な電車に乘つて、原つぱの中を走つてゐました。お空も夕燒けで眞赤でした。電車は、だんだんはやく走つてゆきました。

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko