えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

窓を開く
まどをひらく
著者
文字遣い旧字旧仮名
底本 「日光浴室 櫻間中庸遺稿集」 ボン書店
1936(昭和11)年7月28日
入力者Y.S.
校正者富田倫生
公開 / 更新2011-12-30 / 2014-09-16
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


これが十二月の空であらうか。風は北極に流れて行つたらしい。
この空のあをさはどうだ。
みの虫みの虫。みの虫だと思つたのはアカシヤの實の莢であつた。
みの虫みの虫、風に吹かれてみのを着たまま飛んでつたとうたつた童謠詩人を思ひだす。
家の側の坂道を子供が三輪車を走らせてゐる。その妹が後から追かける。二人ともただもうわけのわからない感興の聲を青空に投げつけながら。
私は久しぶりに落ちついてゐる。
新宿へ出かけよう。そして「燕」の特別急行券を買つて來よう。



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko