えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告


ゆめ
著者
文字遣い旧字旧仮名
底本 「日光浴室 櫻間中庸遺稿集」 ボン書店
1936(昭和11)年7月28日
入力者Y.S.
校正者富田倫生
公開 / 更新2011-12-30 / 2014-09-16
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


 美しい夢を見た。
 清流にかゝつた白い橋の上に私は妹たちと居た。さゞれ石の上をチロチロと流れて行く碧玉の水。私は嵐山かどこかの繪葉書を想つてゐた。
 美しい夢であつた。山路にかゝつてゐた妹たちと兄と私。藤の房があつた。スヰートピーの花のやうな群がりであつた。私は妹のためにその房を、こぼれる花を氣にしながら折つた。
 私は健康である。
 郷里に歸る日の近いせいであらう。かうした夢は兄や妹をめぐるこの嬉しさ。



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko