えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

織工
おりこう
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「日本プロレタリア文学集・38 プロレタリア詩集(一)」 新日本出版社
1987(昭和62)年5月25日
初出「新社会」1916(大正5)年9月号
入力者坂本真一
校正者雪森
公開 / 更新2015-07-14 / 2015-05-25
長さの目安約 2 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


この一顆を大杉栄氏に呈す

彼は真の技術者にてありき。
躯幹偉大に筋骨たくましく
色浅黒き男なり。
其眼を見よ。
何物かを求めて止まぬ
いずこにか何かを認めし其眼を見よ。

彼の父は放浪の織工なりき
彼の母は優しき心の美しき容の織工なりき。
帝都の郊外なる海近き
同じ工場に働く内に
若い血は若い血を呼んで
人も羨む美しき恋に落ちぬ。

彼は生れぬ先からの織工なりき。
物心覚えてより工場に入り
六時より六時、五時より七時、
織機の前に立ちて
一杼一杼と緯をつむ。

彼は真の技術者にてありき。
経糸の切れし時の外機械を停むる事なし。
彼は
運転中杼を替え得る程に
然く熟練せり。
彼が機台の前に立つとき
不思議と経さえ切れず。

彼は今齢三十五。
長年の細き糸を繰れると
運転中の機械を見守れるとに
視力乱され物定かに見えず。

彼は明を失いてより
保繕工として優れたり技能を表わせり。
眼は見えずとも
彼は
耳で聴きわけ、手で探り当て
機械の保繕に妙を得たり。
彼に見出されぬ故障はあらざりき。
彼に繕われぬ機台は曾てあらざりき。

彼は読む事能わず、書く事能わず。
議論する事は尚更好まず。
彼は無智な労働者よ。何も知らず。
されど彼は知る。
労働者は「力」なる事を。
如何なる強敵をも引き倒さねば止まぬ
「力」なる事を。

彼は「力」なる労働者の一人なり。
真に
彼は幾度か罷工の首謀者たりき。
勇敢なる戦闘者なりき。
都に来りては闘い田舎に隠れてはたくらみ
幾度も
よく戦いよく勝てり又よく破れたり。

過ぐる日の帝都なる
紡織界に於ける総同盟罷工に破れてより
職を失いてさすらいの途に上る
企業家は挙って彼を恐れ彼を忌む。
官憲は到る処に彼を迫害す。
彼は今職に就く事能わず。
都にも将た田舎にも。

技術者、彼、「力」なる労働者、彼、
両手をポケットに突込みし儘、
街々をさまよい歩く。
何を索めてや、何を訪ねてや。
(『新社会』一九一六年九月号にN正吉名で発表 『どん底で歌う』を底本)



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko