えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

須賀爺
すがじい
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「日本プロレタリア文学集・38 プロレタリア詩集(一)」 新日本出版社
1987(昭和62)年5月25日
初出「新社会」1916(大正5)年6月号
入力者坂本真一
校正者雪森
公開 / 更新2015-08-28 / 2015-05-25
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


須賀爺の面の憎さよ。
あの
額に寄する残忍の皺よ。
冷酷のまなざしよ。
憎らしき靨よ頬っぺたの穴よ。

須賀爺の面の憎くさよ。
今日も亦緯糸をたぐりしと叱りし。
解雇するぞとおどかせし。
そんなに叱るなよ。罵しるなよ。
おれは慣れないのだ。
機台の前に立つさえ怖いのだ。
あの杼の音箴打つ音にも驚くのだよ。

須賀爺の面の憎さよ。
おれのみが憎むのではない。
みんなだ。
時間が十二時を打っても機械が止まっても
汽笛の鳴らぬ間は
飯食いにやらぬと出口に立ち塞がる。
あの面の憎くさよ
(『新社会』一九一六年六月号にN正吉名で発表 一九二〇年五月日本評論社刊『どん底で歌う』を底本)



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko