えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

我は労働者よ
われはろうどうしゃよ
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「日本プロレタリア文学集・38 プロレタリア詩集(一)」 新日本出版社
1987(昭和62)年5月25日
初出「新社会」1916(大正5)年7月号
入力者坂本真一
校正者雪森
公開 / 更新2015-08-28 / 2015-05-25
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


廻せ! 廻せ!
廻したくば何程でも廻せ。
如何に汝が廻すとも
機械の前に我等立たずば、
一寸の布も編まれぬであろう。
一尺の糸も紡がれぬであろう。
糸の一管さえ巻かれぬであろう。

我は労働者よ。
何も知らず。――只此事を外にしては、
されど
我が知れる此事はいとも貴し。

我は『力』なる労働者の一人なり。

げにこそ
労働者は力なり。
我等が皆目醒むる時
為さんとし成らざるなき強き力なり。
(『新社会』一九一六年七月号にN正吉名で発表 『どん底で歌う』を底本)



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko