えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

鉄のシャフト
てつのシャフト
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「日本プロレタリア文学集・38 プロレタリア詩集(一)」 新日本出版社
1987(昭和62)年5月25日
入力者坂本真一
校正者雪森
公開 / 更新2015-11-15 / 2015-09-01
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


ゴシゴシゴシキイキイゴシゴシ……
俺の役目はでっかい鉄のシャフトを磨くのだ
まっ赤に染まったどろどろの手袋の中で
感覚を失ってしまっている俺の手は
俺の全生命をこめて鉄のシャフトを磨くのだ

――捨値で買ったボロボロに腐りかけた幾万本の鉄のシャフトは
磨いて塗って幾十倍に売りつけられるのだ
コンミッションの力で
新品としてスラスラ通って行くのだ
買うのは誰だ――やっぱり俺達だった
売った生命の代価はかくして奪われ
残る物は何だ――残るものは病根だ。老衰だ。発狂だ。いや死だ!

「しっかり力を入れて磨けやい」
かんとくにどなられ
ゴシゴシゴシキイキイゴシゴシ
磨く俺の手にまっ赤にこびりつくものは何だ
――こずり減らされた生命だ――いやその代価だ。奪われた代価だ
(発表誌不詳 『新興文学全集』10を底本)



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko