えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

檻の中
おりのなか
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「日本プロレタリア文学集・38 プロレタリア詩集(一)」 新日本出版社
1987(昭和62)年5月25日
初出「戦旗」1928(昭和3)年10月号
入力者坂本真一
校正者雪森
公開 / 更新2015-08-07 / 2015-05-24
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


昨日は重い空に湿っぽい風だった。
鋲どめた「五月祭のビラ」の傍に
白い優曇華の花が咲いていたっけ
梅雨時の箒を遁れて咲いていたっけ

首 うなだれてはこみあげる憤怒を
首 うなだれてはこみあげる憤怒を
奴!
首 うなだれてはこみあげる憤怒!

今日は薄縁三畳の檻の中
鉄格子と金網の窓に獅噛みつき
ガラス戸の隙間三寸
高い石塀を越えて
黒雲ちぎれ飛ぶ空模様に
凝乎と眼を注ぎ
歯を喰いしばって北叟笑むでる。
(『戦旗』一九二八年十月号に発表 一九三一年一月改造社刊『戦旗三十六人集』を底本)



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko