えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

五月一日
ごがつついたち
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「日本プロレタリア文学集・38 プロレタリア詩集(一)」 新日本出版社
1987(昭和62)年5月25日
初出「戦旗」1928(昭和3)年5月創刊号
入力者坂本真一
校正者雪森
公開 / 更新2015-08-31 / 2015-06-12
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


ええ、癪だな、畜生!
間抜けた汽笛なんか気にすることあねい。

じゃあ――行くぜ、阿母!
サーベルの四五本もへし折ってくるんだよ。

一八八六年より一九二八年まで
血ぬられた五月一日の顔を見ろ。

行け! 五月祭の真唯中――
空は青く、地上は赤き群衆の奔流だ。

清めろ!
十字路を驀進する俺らの行手を。

恐いのか! 兄弟
官服を踏んづけ、突破しろ!

轟け! 幾万の歌声――
響け! 強力な跫音――

ええ涙ぐんでる奴は誰だ!
兄弟! 小憎らしい程嬉しい日だよ。
(『戦旗』一九二八年五月創刊号に発表 同年七月全日本無産者芸術連盟刊『労農詩集』を底本)



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko