えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

君達に送る――新しい民衆の精神
きみたちにおくる――あたらしいみんしゅうのせいしん
副題――雑誌『民衆』の創刊号に――
――ざっし『みんしゅう』のそうかんごうに――
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「日本プロレタリア文学集・38 プロレタリア詩集(一)」 新日本出版社
1987(昭和62)年5月25日
初出「民衆」1918(大正7)年1月創刊号
入力者坂本真一
校正者雪森
公開 / 更新2015-08-16 / 2015-06-28
長さの目安約 3 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


いま僕は君達に書く、
最も新しい名で君達をよび、
僕のあらゆる精神をこめて。

君達は知っているか、
いま僕等がどんな時代にいるかと云うことを、
いま時代がどんな方に動いているかと云うことを、
おお君達の生誕を待っていた世界、
君達はあの声をきくだろう、
澎湃として起ってくる声、
いまや世界のあらゆる隅々から、
あらゆる国土を充して、
すべてのものの胸を開かしめる、
新しい民衆の精神を。

おおいま君達を求めてきたこの声、
君達の窓の外に一杯になっているこの声、
あらゆる国語で、
あらゆる個々の発想で、
いまや世界を領有しにゆく声、
六合を一切の迷蒙から救いにゆく声、
あらゆる文化の偶像を根本から転えすこの声、
自由と新しいこの声。

おお君達は耳傾ける、
おお君達が求めつつあったものは之れだ、
君達の精神のうちに鬱積しつつあったものは之れだ、
おお既に君達はこの声を叫んでいたのだ、
君達の生命は既にこの精神のうちに目ざめていたのだ、
ここに生きつつあったのだ、
新しい生命に充されていたのだ。
民衆!
何と力強い人間の言葉だ、
一切の誤った文化の迷蒙から剥脱した真人、
宏大なるマッス、
めざめた精神、
それは深く開かれた人間の眼だ、
新しい精神だ、
鬱積していた久しい土上の爆発だ、
埋れていた真の人類の覚醒だ、
新しい相互扶助の世界だ、
正しい人類の意志だ、
正しい針路だ。

見よ裸の僕達を、
新しき世界魂を、
若き魂を、
自由の僕達を、
一切の哲学的迷蒙から自由な僕達を、
一切の宗教的迷蒙から自由な僕達を、
一切の科学的迷蒙から自由な僕達を、
一切の支配と圧制から自由な僕達を、
一切の伝統的因習から自由な僕達を、
一切の階級、不当の権力、一切の他動意志から解放された精神を、
僕等を圧倒し、押え、
僕達に強いさせられた一切の約束から
いま全く別物の上に立つ精神、
新しい世界の築造。

吾々の胸は開け、
吾々の上には宏大な空があるばかりだ、
吾々は自然に対して生きるのだ、
太陽に対して、
月、そして無限の星斗、
雨、そして暴風、洪水に対して、
稲妻、雷鳴、海嘯に対して、一切の媒介物を排し、
真裸かで夫等のものに面接するのだ、
彼等のうちに正しい人間を拡大しにゆくのだ、
真の人間の実現だ、
真の人間の幸福と平和と事業をうち立てるのだ、
正しい旗じるしをひるがえすのだ、
共働の精神を生きるのだ。

民衆の声こそは世界の声だ、
一切のものが更新されるのだ、
一切の組織が人間自然の意志に帰るのだ、
人間と自然が抱き合うのだ、
そしてそれを高めてゆく世界、
そこに民衆的文化――正しき人間と自然との結合、
強い意志――永遠の生長。
(一九一七年十一月十日作 『民衆』一九一八年一月創刊号に発表 『百田宗治詩集』を底本)



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko