えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

地を掘る人達に
ちをほるひとたちに
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「日本プロレタリア文学集・38 プロレタリア詩集(一)」 新日本出版社
1987(昭和62)年5月25日
初出「ぬかるみの街道」大鐙閣、1918(大正7)年10月
入力者坂本真一
校正者雪森
公開 / 更新2015-08-16 / 2015-05-25
長さの目安約 2 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


地を掘る君等
重い大きい鶴嘴を地面のなかに打込む君等、
汗する君等、
満身の力を一本の鶴嘴に籠める君等、
おお君等の足下に何と地面が掘り下げられてゆくよ。

君の一枚の襯衣は汗にまみれている、
君の頭髪はべったりと額に垂れている、
しかし君の雙腕には血に充ちた力瘤の隆起がある、
君の眼は鋭く、そして不断に愛に燃えている――まことに君等ほど純粋の友情に生きるものはない、
君等ほど愛に飢え、愛に充されているものはない、
あらゆるものが君等の掌のなかに真実の感動と歓びを経験する、
君等の胸には熱した血とゆたかな逞しい骨肉とが豊饒な土地のようにひろがっている、
君等の胸はあらゆるものに開かれている、
君等の胸はあらゆる健全な女性のものを受けることが出来る、
君等の力は何者をも貫き通す、
何者にも打勝ち、何者をも怖れない。

地を掘る君等、
君等の鶴嘴は鉄でつくられている、
君等の鶴嘴はどんなものでも粉砕しつくすだろう、
あらゆる偶像、あらゆる根柢なき信仰を打破るだろう、
あらゆる君等の行手の障害を突き破るだろう、
君等は何人にも使役されず、また何人にも犯されない、
君等は個人である、そして君等は一緒である、
君達の力が君達を活かす、
君達の自由と、君達の権利と、君達の平等の愛のために奮闘せよ。

地を掘れ君達!
地を掘れ君達!
地面は君達の前に宏大だ、
君達の下に無限だ、
君達の鶴嘴が君達を光の方に導くだろう、
未来の国の方に導くだろう、
「実現」の方に導くだろう、
地を掘れ君達、
やがて君達は掘りゆく土地の底から君達の太陽を見出すだろう、
真実の光は君達を待っている、
君達の鶴嘴がその暗い戸を打毀す時を待っている、
光は君達を待っている、
光は君達を思慕している。
(『ぬかるみの街道』に発表 一九三〇年六月新潮社刊『現代詩人全集』第十二巻を底本)



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko