えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

夕暮の別荘地に歩み入る兵士たち
ゆうぐれのべっそうちにあゆみいるへいしたち
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「日本プロレタリア文学集・38 プロレタリア詩集(一)」 新日本出版社
1987(昭和62)年5月25日
初出「ぬかるみの街道」大鐙閣、1918(大正7)年10月
入力者坂本真一
校正者雪森
公開 / 更新2015-07-16 / 2015-05-25
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


喇叭の音、
疲弊した魂からしぼりだす最後の勇気のような
いま夕暮れの空に反響を呼んで
響きわたる喇叭!

おお汗みずくの兵士、
夏の夕暮の
湿やかな大気に充ちた郊外の別荘地にいま歩み入ってくる一隊、
重い背嚢、
きらめく銃剣――埃まみれの靴、
一日の演習に疲れて
へとへとになって帰ってくる是等の人々、
空腹――眩暈、
いま靴の音も不揃いに
ふりあげる喊声……

水撒かれた小径、
うちつづく生籬、
ああその中を
彼等の一隊は過ぎてゆく、
いま遠くなる喇叭、
靴の音、
労苦と疲弊の一日の終り、
ああ落日の空の下の
一きわ高い彼等の歌!
(一九一八年十月大鐙閣刊『ぬかるみの街道』に発表 一九二〇年十月新潮社刊『百田宗治詩集』を底本)



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko