えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

労働の精神
ろうどうのせいしん
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「日本プロレタリア文学集・38 プロレタリア詩集(一)」 新日本出版社
1987(昭和62)年5月25日
初出「民衆」1918(大正7)年3月号
入力者坂本真一
校正者雪森
公開 / 更新2015-08-21 / 2015-08-29
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


工場の隅でぐったりしている人よ、
君は疲れているか、
君の腕は最早力を失ったか、
君の息は苦しそうだ。

だが君の腕はいまに甦るだろう、
君の息はいまに百倍の力に充ちるだろう、
そして君は再び立ってゆくだろう。

おおみんながムダに時間を費している時に、
君は働いているのだ、
君は力を消費し、また恢復し、
一杯になり、またそれを失い、
一刻の暇もぼんやりしていない。

おお君の世界は何と充実していることだ、
何とはり切っていることだ、
おお君の所有している、君の権利の、君の生かす世界の真実を知れ、
君自身を知れ、
労働の精神を知れ、
無上の幸福と生き効いに声挙げよ。
(一九一八年一月六日作 『民衆』一九一八年三月号に発表)



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko