えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

おふくろへ
おふくろへ
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「日本プロレタリア文学集・39 プロレタリア詩集(二)」 新日本出版社
1987(昭和62)年6月30日
初出「プロレタリア詩」1931(昭和6)年1月号
入力者坂本真一
校正者雪森
公開 / 更新2014-07-13 / 2014-09-16
長さの目安約 4 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

おふくろよ
おれは おまえまで
そう かわっていようとは おもわなかった
まえば が 一ぽんしか のこっていなかったというのではない
あたま が まっしろになっていたからというのでもない
また こし が ひんまがっていたからというのでも むろん ない
おふくろよ
おれは あのばん
おまえが もりあげて だしてくれる むぎめしの
しみて ざくろのみのように ポツポツするやつを
やぶれしょうじ の なかにはった ねまきのまえで かきこみながら
おまえから きいた
あの いえをこわされるときのはなし
――ドンドンと かべをたたく きづちのおとが
むないた を たたかれるように いたかったこと
そのために おまえが びょうきしたこと
だが びょうきがなおってから そうぎがはじまると
おまえまで えんだんに はいのぼったこと
そのとき しんけいつうで ねていた おやじまでが
「ばあさん しっかりたのむぞ!」と はげましたということ…………
そんな かずかずの ものがたりをきいていると
おふくろよ
おれは ほんとに むぎめしが のどにつまったよ
ほんとに よのなかはかわったな と おもったよ
おふくろよ
おれは おまえもよくしってるとおり 五ねんまえ
かんどう どうようの しうちをうけて
おまえたちや むらのやつから むらを おいだされた おとこだった
だが おふくろよ
だが いまでは むらのやつも おまえたちも
みんな このおれを したしくむかえてくれたのじゃなかったか
かわったな おふくろよ
おれは どんなきもちがしたとおもう?
おれは なみださえにじみでたぞ
それはなんのためだ?
みんな びんぼうのためじゃないか
びんぼうは むらのやつらをも おまえたちをも みんなかしこくしたのだぞ…………

おれは しょうじにはった ねまきのまえで かぜをさけながら
やしきのあとにできたという みごとな だが かべつちのにおいのする
(もっとも はじめは しょうゆ の わるい せいかとおもったのだが)
はっぱ の しおからいやつで ちゃづけを かきこみながら
みかんばこ か なにかのなかに おさまっている
せんぞ の いはい を みつめながら
いよいよおれは おれのしょうがいの かくごをきめたのだ
むろん そのかくごではいたのだが
そのとき ほんとに ハッキリと けっしんがついたのだ
もう おまえたちまで おれのみかただ
おれのしごとに みんなよろこんでいてくれる
そうおもったのだ
おれは ちからがわいてきた
おれは だから おおいそぎに そのばん かえってきてしまったのだ

おふくろよ
おれたちのしごとは いのちがけだ
だがおれたちは ただじゃ しねねえのだ
おまえたちも そちらでたのむぞ
おれたちは ちみどろだ
おたがいに いつやられるかしれねえが
やッつけるか やッつけら…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko