えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

ある日
あるひ
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「日本プロレタリア文学集・38 プロレタリア詩集(一)」 新日本出版社
1987(昭和62)年5月25日
初出「鎖」1923(大正12)年6月創刊号
入力者坂本真一
校正者雪森
公開 / 更新2016-01-23 / 2015-12-30
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


砂糖のような安逸が
おれの感覚をにぶらしている
鍋底で倦怠だ! 憂鬱だ! と小声でつぶやいている
若い熱情が下駄の歯のようにすりへりそうだ
残火が火消壺で喘いでいる
短気な意志が放心した心臓をつかんでいる
そいつは滓だ
おれの食慾がめしを喰ってる
おれの性慾が女を恋しようとしている
オブロモフ! オブロモフ! オブロモフ!
倦怠をつぶやきながらも安逸は砂糖のように甘い
憂鬱の霧を逃れようともしないでおれはうずくまっている
だがそこを突きぬけようとする意志!
沈頽した牢獄に投げられた
やり場のない憤怒!
内抗する病菌だ!
月蝕だ!
月蝕だ!
熱情がむしばまれようとしている
月蝕が煙突の上にはいのぼる
(『鎖』一九二三年六月創刊号に発表 一九六三年八月国文社刊『陀田勘助詩集』を底本)



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko