えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

奪われてなるものか
うばわれてなるものか
副題――施療病院にて――
――せりょうびょういんにて――
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「日本プロレタリア文学集・39 プロレタリア詩集(二)」 新日本出版社
1987(昭和62)年6月30日
初出「文学新聞」1932(昭和7)年7月15日
入力者坂本真一
校正者雪森
公開 / 更新2014-06-09 / 2014-09-16
長さの目安約 2 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


君はおれの肩を叩いてきいてくれる
君は親しげなまざしでおれを見る
おお君はいつもおれの同志
おれたちの力強い同志

しかしおれには今
君の呼びかけたらしい言葉がきこえない
君はどんなにかあの懐かしい声で
留置場からここへ帰って来たおれに
久方ぶりで語ってくれたであろうに
おれには君の唇の動くのが見えるだけだ
パクパクとただパクパクと忙しげな
静けさ、全く静けさイライラする静けさ
扉の外に佇っていたパイの跫音も聞えない
何と不自由な勝手のちがった静けさか

音響の全く失われたおれの世界
自分の言葉すら聞えず忘れてゆこうとしている
おれは君と筆談だ、君は書く
――おれたちは来る六月十九日の文化連盟の
拡大中央協議会を攻撃の中に開催すべく闘っている。
よし君の言うのはわかる
――おれの耳を奪ったのはあいつ××だ
おれは奴らのテロで耳を奪われたが
××は腕を折られた、足腰も立てなくなってる。
――そうだ奴らはおれたちの側の耳を奪い
手足までも奪ってしまおうとしているのだ
おれたちはそれを奪い返そう
引ったくってやろう
奪われてなるものか
それが後に残った者達の重大な仕事だ。

おれは耳を奪われたしかし
君の文字が伝えてくれるおれたちプロレタリアの側の熱意が
こんなにハッキリわかるのが実にうれしい
おれには何時知らず熱い涙が目尻を流れていた
――おお おれたちの同志しっかり!
おれもやるぞ!
(一九三二年六月作『文学新聞』同年七月十五日付に発表)



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko