えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

百姓仁平
ひゃくしょうにへい
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「日本プロレタリア文学集・39 プロレタリア詩集(二)」 新日本出版社
1987(昭和62)年6月30日
初出「文芸戦線」1930(昭和5)年5月号
入力者坂本真一
校正者雪森
公開 / 更新2014-06-21 / 2014-09-16
長さの目安約 2 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


何つう病気だか知らねいが、
俺家のたけ子奴病気だどって帰って来た
何でも片足だけは血が通わねえんだって
そしてくさりこんでさ
うみが出て うみが出て、
血の通うところまでぶった切って
生れにもない片輪になりやがって
二十一の働き盛り 嫁盛りに
何つうこった
俺あ口惜しくて涙も出ねい
たけ子の野郎奴は
ロクすっぽ金も持たずにおんだされて来やがった

どうすべか
いい考えもありやしねい
ああ俺は口惜しくてなんねい。

それにさ
此処ら辺は去年の早霜で
五段の蕎麦畑から三俵の収穫だ
米粒なんぞあ拝みていたってありやしねい
毎日毎日馬鈴薯と燕麦ばかり
燕麦なんぞ馬糧だに、
何つう地獄だ、何つうどぶ底だ。
神でも仏でも面見せろ!

俺あだまされた
三年経てば地主様だの
五年経てば立派なお百姓だのと
ああ 俺あ口惜しい
どうしてくれべに
畜生!

俺あきいたぞ、俺あ覚えていんぞ、
地主の野郎こそとんでもねえ泥棒だに
俺あここで七年が間
ほんとに辛い
胸一杯の辛さ 悲しさ 口惜しさ耐えて
骨身を肥料に働いて来たに
残ったものは何にもねい
老爺と老婆と
貧乏と 意地張りと
病気の娘っ子と小い息子

俺あ嫌んだ
朴直の 謹直の 実直のと
ちゃんちゃらおかしいや
なんぼ騙そたって騙されるもんけい
俺あ考えていんぞ
俺あ屹度、えい屹度、
あいつをぶちのめすんだ
咽喉笛、首っ玉さ噛りついてさ
暴れてくれべと思うんだ
えい畜生! 泥棒やろ!
おぼえてけつかれ!
(『文芸戦線』一九三〇年五月号に「百姓仁平は起つ!―北海道××村争議団へ―」と題して今埜大力名で発表『今野大力・今村恒夫詩集』改訂版を底本)



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko