えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

市立共同宿泊所
しりつきょうどうしゅくはくじょ
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「日本プロレタリア文学集・39 プロレタリア詩集(二)」 新日本出版社
1987(昭和62)年6月30日
初出「詩精神」1935(昭和10)年4月号
入力者坂本真一
校正者雪森
公開 / 更新2015-09-29 / 2015-08-21
長さの目安約 2 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


とさつ場のようにむんむんとしたいきれ、悪臭がふんと鼻したにたれてくる。
ひとつひとつの寝台が継歯のように波立っている。
堂々と街ののど笛に背筋を暗く震わしている鉄筋コンクリトの四階建。
まるで寄生蟹のように茶溜小屋でうごめいている宿泊人の群、
どぶ酒くらったずくさい息をはきながら

遠く北海道の釧路のかんごく部屋からにげてきたという北海熊、朝鮮のはしから渡ってきた韓、十二のとしに九州から売られ歩いてきたやもめ源、白いめしが食えねえで津軽から追われてきた勝おじい
いたるところの郷々からこの街へ裸一貫で流れ踏んでゆくおとこたち。

どろどろととけたように空気のしめった部屋
十しょくの光りが冷めたそうにおとこたちの胸板をてらしている
なかみのこみでたせんべ布団
ぎしぎしと骨をつきさすように鳴る寝台
じみじみとうごいて、とまりもののからだにくらいついて血をすすっているしらみ、
おちおちと朝までねいられない新米ども、
ここを根じろにしている市井のごろつきども。

火のような市街をよそにしんしんとした夜が共同宿泊所をつつむ
うつふせ死んだようにねいっているおとこたち
部屋部屋にメタンガスのような体臭を嗅ぎ、
薄っぽい乳汁のようないびきが、萎びたからだにおのれの心臓にきびしくうちたたきながら。

氷のかちかち凍ったくろい三百のあたま。
――今よいもあそこに寝ている
だろう友山本敏男におくる――
(一九三五年一月十日作 『詩精神』同年四月号に発表 一九三六年一月前奏社刊『一九三五年詩集』を底本)



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko