えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告


ふところ
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「日本プロレタリア文学集・39 プロレタリア詩集(二)」 新日本出版社
1987(昭和62)年6月30日
初出「詩精神」1934(昭和9)年11月号
入力者坂本真一
校正者雪森
公開 / 更新2015-09-29 / 2015-08-29
長さの目安約 2 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


白樺の梢に冬眠は
引き裂くような雪肌を蒙古颪に冷めたくとぎすましている
どんよりな雪雲に包まれた部落
彼方へずうと永く続き切っている地面
房々と綿の実ったような雪ころ
蹴ちらされた足跡が
いとなけき者の
生活をしのぶ様に……

「おっ母よ」
寒さに冷えきった体に
飯の空っぽにすいた胃袋をたたきのめしながら
まるで木乃伊のように滑走った
おっ母の乳下へかけずりよった
つるし柿の様にしなびたおっ母の乳房から
唐芋汁のべったりついたような
乳汁がなめなめとたれこめてゆく……
飯の腹一杯喰らえない
おっ母の乳汁は
酢っぱっこく俺のシタにふれたぞ……
だがそれは俺に取ってどんなに美味かったか
汗っぽく酢っぽい乳汁を
すってる時
のど笛をギュギュ鳴らしながら
胃袋を波打たせ
百両腸をガタガタ振わしている
おっ母はかちばんだ菜っ葉刻のしじけこんだ両手で
薄っぺにひしげこんだ藁蒲団をかかえこんで
俺をだきしめて……
俺は甘える様におっ母の胸板に頭をこすりつける……
ドギドギと喰い入る様に心臓はむせび
腹はギュギュゴロゴロと喰いものを求めるように喚いている
血の気のない口唇より流れ落ちる唾液を
うまそうにおっ母はすうっとすってしまう
おっ母は年頃よりショボケ切った眸をじがつかせて
凍り切った掌を俺の頭にあてた
手のかすかなる温かみが
血脈にひれ伏すようににじんで来る……

剣銃でひきしめられた藁小屋よ
木枝の端くれで組み合されたもの
それはあまりにも惨めな国を持たぬ俺達の懐……
囲炉裏の火をカチカチ凍り切った空気を
狂気じみに突きのめし
たえず薪から薪へ燃え拡らんと
群り起っている……
白樺の梢の下に無数の飢えた
民族の姿がまざまざと映じられ
闘かいへかりたてるかの如く
夜鷹がギャギャと
雪白き夜の部落を襲って来る……
……この一篇を朝鮮民族の友に与う……
(一九三四年九月二十九日作 『詩精神』同年十一月号に発表)



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko