えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

兄ちゃん
にいちゃん
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「日本プロレタリア文学集・39 プロレタリア詩集(二)」 新日本出版社
1987(昭和62)年6月30日
初出「プロレタリア詩」1931(昭和6)年12月号
入力者坂本真一
校正者雪森
公開 / 更新2015-08-08 / 2015-08-29
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


吹きっさらしの田圃には
もう、村の誰も出ていない
だのに、私の家では麦蒔きがすまない
取り入れ半ばに兄ちゃんが召集されて
あとに残った女手二つ
私とおっ母とであくせくと麦蒔き

毎日、朝早くから晩おそくまで
かたい刈株をうちかえし、うねをつくり
せっせと蒔きつけを急ぐ私達――
かよわい女手で、夕方、ぐったり疲れて家に帰れば
地主の奴が、がみがみ年貢を取りたてにやってくる

おお兄ちゃんが満州へ引ったてられて行ってから
急に、めっきりやつれたおっ母
老いさらぼけたそのやせ腕に
ふり上げる一鍬一鍬!
私の胸は戦争への憎しみを深める
勝っても、負けても、戦争が私達に楽な生活をよこしはすまいに
働き盛りの貧農の息子を奪って
み国の為にと殺し合せるなんて………

あああの寒い満州でたたかう兄ちゃん!
兄ちゃんの身は無事かしら
私はおっ母をいたわりはげまし
兄ちゃんのかわりにせっせと働くけれども――
戦争への憎悪で、全身はわななく。
(『プロレタリア詩』一九三一年十二月号に発表)



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko